芸人、芸能人の素行?

不倫やハチャメチャは、もう作りえないのかも。ヴァーチャルでしか表現しなくなる?

中井貴一、芸の肥やしを認めない社会への警鐘 巨大化する撮影現場の「コンプライアンス」に嘆き

zakzak のロゴ

zakzak

 発売中の月刊誌「新潮45」に掲載されている記事が、一部芸能関係者の間で話題となり、関心を集めている。

 「現役バリバリの俳優から、このような発言があることを、映画やドラマの制作者はもちろん、視聴者として考えるいい機会になる文章です。冷静な筆運びですしね」とテレビ局編成マンが太鼓判を押す。

 筆者は俳優の中井貴一(55)。タイトルは〈撮影現場の「コンプライアンス」狂騒曲〉。

 テレビや映画の制作現場を重く覆うコンプライアンスという代物がわけもなく巨大化することに違和感を唱える内容で「テレビの内容は非常に制約を受けるようになりました」と嘆きつづる。

 昨年、筆者もドラマを見ていて、死体発見現場に臨場した刑事のせりふにあきれ、失笑した。

 これまでなら「これがガイシャか」とか「ホトケさんか」となるところが、なんとその刑事は「ご遺体」という言葉を使ったのである。

 脚本家の意図なのか、スポンサーや視聴者を気にした制作者側の配慮なのかは分からないが「ついにドラマもここまで落ちたか」という感覚だけがベッタリと残った。

 中井はさらに名指しこそしていないが、先日亡くなった俳優の松方弘樹さんの訃報報道に触れ、破天荒な私生活をたたえ、こんなスターはもう出ないと悼むメディアに「出さないようにしているのは誰なんだ」と言葉を投げかける。

 そして一般人がスキャンダルに真面目に反応し過ぎているとも訴える。

厳しいが正論でもある zakzak 提供 厳しいが正論でもある

 中井の原稿の前には、演劇評論家、矢野誠一氏(81)の《藝人に『世間的常識』を求めても》との一文も掲載されている。矢野氏も、芸人に世間的な常識が求められ、逸脱の具合によっては制裁が加えられる、という現代を嘆かわしくとらえている。

 社会が芸能人に健全な生き方を望んだ結果、無難な演技、無難なお笑い、無難な発言になっているのではないかということは、テレビのコメンテーターとして、ひねりのない正論を吐くタレントを見るたびに考えさせられる。あまりにもまとも過ぎる物差し!

 中井の原稿に、演じることの本質を突いた、実に粋な一文がある。引用する。「私生活の豪快さを芸の肥やしにする役者が体当たりで挑む芝居は、いつの時代も面白いものです」

 芸の肥やしを認めない時代の芸能はどこにいくのか。エンタメに関わるすべての住人にとって、中井と矢野氏の含蓄のある指摘は必読といえる。

http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E4%B8%AD%E4%BA%95%E8%B2%B4%E4%B8%80%E3%80%81%E8%8A%B8%E3%81%AE%E8%82%A5%E3%82%84%E3%81%97%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%81%AA%E3%81%84%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%AD%A6%E9%90%98-%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E6%92%AE%E5%BD%B1%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%80%8D%E3%81%AB%E5%98%86%E3%81%8D/ar-AAo31ak#page=2

中井貴一佐々木蔵之介がW主演 『百円の恋』監督×脚本家が再タッグ