3ニーファイ5章

01 さて見よ、ニーファイ人の民の中には、全ての聖なる預言者達が嘗て語った言葉を僅かでも疑う者はいなかった。彼らはそれらの言葉が必ず成就する事を知っていたからである。

02 また彼らは、預言者達の言葉の通りに多くのしるしが示されたので、キリストが来られたに違いない事を知っていた。そして、色々な事が起こったので、嘗て告げられた通りに全ての事が将来起こるに違いない事も、彼らは知っていた。

03 そこで彼らは、自分達の罪と、忌まわしい行いと、淫らな行いを全て捨てて、日夜、力の限り神に仕えた。

04 さて、ニーファイ人は殺されなかった強盗達を一人も逃す事なく全員捕らえて捕虜にすると、その捕虜達を牢に入れ、彼らに神の言葉を説き聞かせるようにした。そして、罪を悔い改めて、もう二度と殺人をしないという聖約を交わそうとした者は皆、釈放された。

05 しかし、聖約を交わさず、依然として暗殺の心を持ち続ける者、真に、同胞を脅している事が分かった者は皆、罪に定められ、法律に従って罰せられた。

06 このようにして彼らは、そのような酷い悪事と多くの殺人を犯したあの邪悪な秘密の忌まわしい結社を悉く絶やした。

07 このようにして、第二十二年が過ぎ去り、第二十三年も、第二十四年も、第二十五年も過ぎ去った。このようにして、二十五年が過ぎ去った。

08 ある人々の目に大いなる驚くべき事と映った多くの事が、これまでに起こった。しかし、それらを全てこの書に書き記す事はできない。真に、この書には、二十五年間にそのように多くの人の中で行われた事の百分の一も載せる事ができない。

09 しかし見よ、この民の行った事を全て載せている記録が幾つかある。また、短いけれども真実の記録がニーファイによって記された。

10 そこで私は、ニーファイの版と呼ばれる版に刻まれたニーファイの記録に従って、これまでこれらの事について記録してきた。

11 そして見よ、私は今、自分の手で造った版に記録している。

12 見よ、私はモルモンと呼ばれている。この名は、アルマが人々の中に教会を、真に彼らの背きの後で最初の教会を彼らの中に設立した地、モルモンの地に因んで名付けられたものである。

13 見よ、私は神の御子イエス・キリストの弟子である。私はイエス・キリストの民の中でイエス・キリストの言葉を告げ知らせ、彼らが永遠の命を得られるようにする為に、イエス・キリストから召された。

14 既に世を去った聖なる人々の祈りが、彼らの信仰に応じてかなえられるように、これまでに起こったこれらの事を、神の御心に従って記録する事は望ましい事である。

15 真に私は、リーハイがエルサレムを去った時から現在までに起こった事を、簡潔に記録する。

16 したがって私は、自分が生まれる時までの事を、私よりも前に生きていた人々が記してきた記事から取って記録し、

17 次に、私自身の目で見てきた事を記録する。

18 私は自分の記す記録が正しく真実の記録である事を知っている。それでも、私達の言語では書けない事がたくさんある。

19 私は自分自身の事について述べるのを終え、私の生まれる前にあった事について記録を書き進める事にする。

20 私はモルモンであり、リーハイの生っ粋の子孫である。神であって救い主であるイエス・キリストを私が賛美するのは正当である。神は私達の先祖をエルサレムの地から連れ出された。(この事は神御自身と、その地から連れ出された人々の他には誰も知らない。)また、神は私と私の民に、私達が救われるように多くの知識を与えて下さった。

21 確かに神はヤコブの家を祝福し、ヨセフの子孫に憐れみをかけてこられた。

22 また、リーハイの子孫が神の戒めを守る限り、神は御自分の言葉の通りに彼らを祝福し、栄えさせてこられた。

23 そして、神はヨセフの子孫の残りの者に、主なる彼らの神の事を再びお知らせになる。

24 また、主が生きておられるように確かに、主は将来、地の全面に広く散らされているヤコブの子孫の残りの者を全て地の四方から集められる。

25 主はヤコブの家に属する全ての者と聖約されたので、主がヤコブの家と交わされた聖約は主御自身が相応しいと思われる時に果たされ、ヤコブの家に属する全ての者に、主が嘗て彼らと交わされた聖約が再び元のように知らされる。

26 そのとき彼らは、自分達の贖い主、神の御子イエス・キリストを知るようになる。そして彼らは、地の四方から、散らされる前に住んでいた自分達の土地に集められる。真に、主が生きておられるように確かに、それは起こる。アーメン。

広告を非表示にする