アヤシクないかも、アリさんって、案外、、、

おはようございます、みなさま。

大阪大正区は鶴町4丁目に渡る渡船乗り場付近の水面は穏やかで、南西の空、仰角直感40度には丸いお月様が強い光で地表を照らしています。 月光は強く、この照度では森に入った時、月影は濃い影を地表に落とします。 星がほとんど見えないのは、アリさんの遠見視力が強くないことと、上空にチリが多く、空がぼんやりと明るいからでしょう。。。

海面は桟橋の水銀灯の光を照らし、ゆったりとした律動で揺れています。

この水面は、あの一等輸送艦が生き延びた比島の多島海フィリピン海バシー海峡、小笠原の海に連なってるんだぁ、辿れば、ナホトカに至る日本海対馬海峡に通じているんだぁ、ガダルカナルニューギニアに至る、ダンピール海峡、ソロモン海、南太平洋に通じているんだぁ、って思われます。

ミク日記を書くって、これほどまでに、人の受け止め方、連想に影響するものであります。

たしかに、人は自分の内面を外に見る、のでありましょう。。。。

さて、表題のある人物、その精神が、アレか、それほど、アレでないか、とゆーことはドーデモ好いことなんですが、メンドくさいし、まぁ、それを言ってしまいますと、身も蓋もありませんので、畏友の日記で起こった対話をコピペしてみます。

「この際、正しい認識を持つべき。 2017年04月12日02:04 全体に公開 みんなの日記 35 view」、ボンファさんの日記です。

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1959768857&owner_id=13658569

*************************************

ボンファ2017年04月12日 14:36

 アリ さん 

まさしく、ですね。

過去を振り返れば、農産物ではないものの、オイルショックによるトイレットペーパー買い占めや、

平成米騒動など、掘り下げていけば幾つもこのような実例はあったわけで、

その点で日本人は如何に学習能力がないかというのと、

こうした大衆心理に割りと簡単に引きこまれる体質は、

純朴性が顕著な日本人の特性そのものを投影してるのかもしれませんねえ・・。

 アリ 2017年04月12日 18:05

学習能力がない、あるいは、足りないというのは恐ろしいことです。 私が、ガダルカナル戦詩集などを日記に刻んでいるのは、その恐ろしさを自分の前に置くためです。 そして、それは過ぎ去ったことではなく、今の現実のこと、これから起こることとして上げています。 大衆心理の破壊力は、凄まじいです。

ボンファ2017年04月13日 00:38

 アリ さん 

大切なことですよね。

歴史に学ぶということは、表面的史実だけではなくて、その横から斜めから、

後ろからも光を照らして総体的に考えること、今の時代や今目の前にある事柄と重ね合わせ

「想像力」を養うことでもありますから、常に怠ってはならないことだろうと思いますね。

 アリ  2017年4月13日 04:19

そうなんです、まさにそこなんです。 ありさんがミクっている動機の大きな部分は、そこなんです。 みなさまとの交歓を通して、自分を見つめ、見直し、自分が滅びに至る道を辿っていないかを戒めているわけです。

おっしゃる通り、それは、想像力を養う、という試みになります。 そして、それは、ほんとにもう、、、、ワクワクする、面白くて、楽しい体験になります。