恋は真夏のように愛され眠る

恋は真夏のように愛され眠る。

これはなんだろか

恋は情熱であり、真夏に置き換えて

+愛され眠るは、、、なんだろ、、おもしろ

恋することと愛することとの明確な区別をするなら

フランス語で

恋することはエトール アムールがいい

愛することとはエメという

恋をすることは

それほど大きな努力も忍耐も深い決意もいらないものですが。

愛され眠る

彼の情熱を感じて恋して眠らされているにすぎない。

つまり彼女は情熱を感じているに違いないのです。

彼女が病気の日に、朝から夜まで病床に看病をしてあげたとして

彼は明日の仕事にも影響するが、一生懸命に眠れぬ夜をあかした。

それから再び二人が寄り添った時、もっと幸福な気持ちに浸ったとしたなら

それは愛の経験でもなく

愛の形には似ているけれど やっぱり恋であって愛ではないということ。

こうした恋愛映画のよくある ありふれたようなことで眠っている

だから 恋をしているのであって 愛しているのではないことを意味していることを表現しているのだろう。

愛することは恋のように 烈しい努力も忍耐も創造力もいらないので 決意も忍耐も必要だが

恋が真夏として情熱のように燃えて やがて愛への理解の矛盾や危なさを繰り返し、情熱の炎が燃え上がり燃え尽きて眠る恋をしあって信じていらっしゃるのでしょう。

つまり彼女は彼の強さにでも恋をして恋人のすぐれた人に自分たちの未来だけ幸福にむすびついていると寝ているのです。

つまり彼は起きていて彼女は寝ている

愛は安定し情熱を殺す 不安や戸惑いは情熱をかきたてる

恋することは全て消え去るかもしれませんから情熱は疲れて眠るのでしょう。