読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

104歳 篠田桃紅さん  グランドスラム 20歳 南谷真鈴さん

http://bimoji.at.webry.info/201505/article_1.html

この人は、ここで 篠田桃紅さんの言葉を かなり紹介してくれてる。

桃紅さんの事は ほとんど知らなかったが、

ネットで かなりの作品や 本人の写真を見る事が出来る。

残念なことに、昨日 読売新聞で白黒で紹介された

「もみじ」という作品に近い作品は無いみたいだが。

(もみじは、朱色に銀色の文字とある。

 銀色が発色しにくいのかな? パソコンの画面では)

104歳なので、顔は 頬がこけ、目も落ち窪んでいるけど、

若い時の写真は、きれいである。

のどのふくらみは、甲状腺の異常らしい。

これを そのまま放置されてる所が また、彼女らしい。

そういえば、インドで多いという、甲状腺異常に似ている。

彼女も 親に結婚しろと圧力を受けたが、

同年代の女性は、徴兵された男と結婚して、戦死され、

舅や姑などに一生を使い尽くされる人生になったのを見て、

一生 独身で通したそうだ。

美しく、聡明な彼女は、さぞかし、何人もの男性達を振っているんだろうな。

作品は、シャープでシンプルな感じ。

ほっそりした感じはする。

言葉も、シャープでシンプルな感じ。

なんか、全然ゆがんでない人という感じ。

ここが 人を引きつけるのではないだろうか?

自然体の美しさ。

けれど、力強く、自由で逞しい。

彼女には、どろどろした所が全然無い。

ちょっと冷たい感じもするけど、

天然に悟りを開いている感じ。

結婚もせず、未婚の母にもならずだけど、

人生の全てを手に入れたと言える後悔の無さ。

もうちょっと詳しい情報を読みたい。

図書館で本を探そうか?

昨日の新聞では、20歳で 最近、エクスプローラーズ グランドスラムという

7大陸最高峰と北極、南極を制覇した 日本人女性がニュースに。

早稲田の学生で、今度は セーリング世界一周に挑戦するそうだ。

みなみや まりん(南谷真鈴)さん。

昨日は、草刈り機の調子がおかしくなったせいで、

やっと、草むしりをする気になり、主にハコベを抜き取った。

根本は ぐじゃぐじゃと溶けかかっているが、

旺盛に茂って 種も既に相当落ちている。

草刈り機の調子がおかしいのは、

夫によると、空気の吸い込み口のフィルターの汚れという。

簡単なスポンジ。ネジなど触らずにはずせる。

今日は雨なので、草刈りは お休みだ。