読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外観からは見えないドラマと、猫好きおじさん

※4月21日にupしようとしていた日記です。タイミング逃しましたが、思い出として、あげときます。

☆☆☆☆☆☆

子供のオブジェがたくさん飾られている可愛い家をよく犬の散歩中に眺めていて和んでいて、「どんな人が住んでいるんだろう?」と、思いを巡らせていたら、今日、たまたま住人が外に出ていたので、声をかけました。

オブジェで和んでいる事を伝えたら、「まあ、外ぐらいは細々としたもので飾りたいじゃない?家の中は猫だらけだし。」と言われました。

聞けば、よく猫を保護して、飼い主を探しているのだそうです。

「身籠った猫を保護してね。一昨日、4匹生まれたんだよ。その前の猫は3匹生んだし。今は11匹飼ってるよ。」

さらりとすごい事を言いましたね。

「大変だけど猫が可哀想だし、可愛いから、頑張る」と語った、おじさんが忘れられません。

猫愛もだけど、ファッションからして、猫愛に溢れていた……!

グレーのトレーナーも、真っ赤な半纏もハローキティだったからです。

ファ、ファンシー……(*´∀`)♪

あんまりジロジロ見るのも失礼なので、よく見なかったのに、これだけ覚えているのって、珍しいです。インパクトすごかったもんなあw

私は、不自然に思われないよう必死でした。

内心は、「おじさん(たぶん、70歳ぐらい?)が、キティの顔の形のポケットの半纏着てる!何これ、ギャップ萌え?和む!( ´∀`)b」としゃべりまくっていたので、口から出ないようにと注意しました。

それにしても、猫愛もすごいけど、なんとなく眺めていた家にそんなドラマがあったなんて驚きでいっぱいでした。

当たり前だけど、家や庭の外観からだけでは、見えてこない、すごいドラマをみんな背負って生きているんですね。

すごいなあ(o´∀`o)