小説「推理小説」秦建日子

あらすじ

会社員、高校生、編集者・・・・面識のない人々が相次いで惨殺された。

事件をつなぐのは「アンフェアなのは、誰か」と書かれた本の栞のみ。

そんな中、出版社に届けられた原稿には事件の詳細と殺人予告、そして「事件を防ぎたければ、この小説の続きを落札せよ」と言う欲求が書かれていた・・・・・・。

デビュー作。

エンターテイメントに徹しながらも、きちんとミステリとして成り立っていた。

バランスが非常に良い。

主人公が女刑事と言うのがまた良い。

雪平と安藤のコンビの活躍が今後楽しみである。