『HK 変態仮面』

『HK 変態仮面

2013年日本

監督:福田雄一

今日、家に来た友人が、いつもならアイドルのDVDしか持ってこないのに、

珍しく映画のDVDを持って来た。

それがこれ。

当然、観る気がしないのだが、結局飛ばさずに全部観た。

意外と観れる。

内容は想像通りすぎて、驚きはない。

笑えるところは、ちらほら程度。

もっともトピックなのは、「千眼 美子」がヒロインなこと。

そうです。清水 富美加です。

初めて映像を観ました。

正直、この映画のせいで帰依したんだと思います。

水着になってるし、股間を見せつけられまくるし。

でも、それは仕事なんだから、芸能人だろうとなんだろうと、

やりたくない仕事もちゃんとやれよって話です。

無職の僕が言うことじゃないですが。

しかも、全然可愛くないんですね。

ヒロインやるほどじゃない。

なので、変態仮面はお似合いだと思うんだけど。。。

それって差別ですか?

一般人への評価じゃないから許してください。

どうでもいいけど、主演の鈴木亮平は、30歳で高校生役をやっている。

そして実際、脱いでいる。

ある意味すごい。

よくこんな仕事受けたなと。

内容的には僕の大好きな「みんな! エスパーだよ!」に近い。

でも、男の裸をずーーっと見続けるのは辛い。

★★★★★

相変わらず安田顕はなんでもやるのがすごい。

この後、もう一人の友人が持って来た、

新大久保で買ったと言う、怪しい正規ではない韓国人アイドルのブルーレイを

ブルーレイディスクレコーダーにかけた。

そしたらレコーダーが完全に壊れた。

正直、弁償してほしかったけど、気が弱いので言えなかった。

先月はプロジェクターのランプ交換もしたし、

タブレットも故障してるし、

電気製品にお金がかかりすぎ。

広告を非表示にする