映画 ライフイズビューティフル

今から書くことは少々良識に欠けています。お許しいただけない方は読み飛ばしてください。

ゴールデンウィーク最終日は、家でぼんやり。スカパー!で録画した映画を見ていた。「ライフイズビューティフル」という作品。

全く何の予備知識も無く見ましたが、前半のコメディが冴えていて、でもそれが後半にボディブローのように効いてきて、途中見るのが辛くなる。

私がこれまで見た映画の中では、最も考えさせられた作品で、映画の魅力を改めて感じた。

戦争の爪痕は世界中に遺されていて、しかし、あの悲惨な戦争にあえて功罪の功を探すとすれば、こういった映画を作らせたことだと思う。

だからといって戦争はもちろんあってはいけない。