読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんな感情であれ、あなたの内側の 価値感が判断を下した結果として感情が起きます。

どんな感情であれ、あなたの内側の 価値感が判断を下した結果として感情が起きます。

感情というものは

あなたの無意識の

領域において下された、

判断に基づいて

引っ張り込んだ

エネルギーなのです。

津留晃一

私たちが覚醒するまでに

乗り越えなければならない

ひとつの壁があります。

それが嫉妬という感情です。

「うらやましい」

という最も軽い嫉妬から、

人の成功をうらやむ「ねたみ」、

そして男女間の「やきもち」

という最も強力な

嫉妬もあります。

この嫉妬心は、

人の命さえ奪い取る力を

持っています。

今世、私の学びは

この強烈な嫉妬心の

克服から始まりました。

完全に嫉妬の心から

解放されるまでに、

私は7回の失恋を

体験させられました。

大きな心の傷と引きかえに、

私は嫉妬という

感情の発生メカニズムを

理解することができました。

陰の状態にあるとき、

ねたみの感情は

執拗に上がってきます。

払っても払っても

振りほどけるものでは

ありません。

マイナスの世界に

入り込んでいるときに

思考を使うと、

そのマイナスの宇宙は

拡大の方向へ流れていくという

自然の摂理をまず知って下さい。

そんな時には、

外側(他人や環境)に

向かっていた自分の意識を、

英断を持って切りかえ、

自分の内側深く

入っていく必要があります。

「この憂鬱な状態は、いったい

私のどんな考え方によって

創り出してしまったのだろう」

という問いかけを持って・・・。

どんな感情であれ、

あなたはあなたの内側の

モノサシ(価値観)を使い、

判断を下した結果として

感情が起きます。

感情というものは

あなたの無意識の

領域において下された、

判断に基づいて

引っ張り込んだ

エネルギーなのです。

感情は

あなたの本質では

ありません。

あなたという魂が、

記憶した情報を使い

ジャッジした結果、

感情が発生してくるだけです。

ですから情報を

書きかえてしまえば、

あなたに起きる

感情の質も

変わってしまいます。

起きてくる出来事に、

良い出来事と、悪い出来事が

あるわけではありません。

私たちが

「悪いと判断する」

出来事が起きただけです。

例えば75歳の人が

死んだとしましょう。

ある人は、

「どうして私を置いて

先に死んでしまったの」

と怒るかもしれません。

ある人は、

「このあいだの約束を

果たしてくれなくては

困るじゃないか」

と、 困惑するかもしれません。

もう逢えなくなったことを

嘆く人もいるでしょう。

はたまた大往生であったと

祝杯をあげる人も

いることでしょう。

人々の感情と出来事は

全くリンクしていないのだ

ということをしっかり

意識して下さい。

ですから私たちは

起きてくる感情によって、

どんな判断基準を持っているのか、

出来事によって

知らされているのだ

ともいえるわけです。

すなわち感情によって、

あなたがずっと昔に

しまい込んだ、

見ることの出来ない想念

(モノサシ)を見せられているのだ、

と考えればいいでしょう