?鯱?の?鯱?中日その3

どうにかこうにか、目的の店で昼メシ摂取をした後は、昨日午後偶然立ち寄った?オスロ?でポスターを見かけた、『フィンランド・デザイン展』を覗くコトにしました。なんかオモシロそうだったってのもありましたが、会場の美術館が、昨日の『TV塔』から見えてた=迷わないで行ける(ハズ)ってのが一番の(情けな・・・)決め手です。

でもさすがに、迷わず行けたもんね。当たり前か???にしても、ココの建物もバカみたいにデカイです。空間をものスゴくゼイタクに使っているから、余計にそうカンジるのかもしれません。だけど、コンサートなど行うホールがいくつかと、展示スペースも複数あるなんて、儂等の街では考えられない規模の施設のほんの一角でありました。

展示内容は、小難しい芸術ではなく、基本的に実用品。だから、わかり易いって言えばそうかもしれません。でも、そこらへんで売ってるものとは、完全に一線を画してて、どれも美しいってコトバがピッタリくる気がしました。ひと通り見終わった後、はるか昔ひとりで行った、『BAUHAUS』を思い出しました。儂の中では、似てるというか同じというか・・・。『BAUHAUS』に続き、儂にしては珍しく、図録買ったりして。

その後、この展示の情報を得た?オスロ?を再訪。本日も既にヘトヘトでしたので。昨日と同じく、コーヒーと紅茶で一休み。でも、『フィンランド・デザイン展』帰りだからなのか、飲み物は同じでも、店の雰囲気は違って見えました。実際に使われているのは、そんなに大したモノではないとだろうけど、前日とは一味違う空間に思えてきちゃうのが、なんとも単純でお恥ずかしいかぎりです。