ちょっぴり緊張して まーちやんお出かけ

さすがにゆうべは寝つかれなかった。

今日から入院。

豊原町にいられるだけ、ぎりぎりまでいて病院に向かう予定。

極力少なくしようと思っていた荷物もバックがパンパンになる。CD.DVDは別の袋に入れた。

飲み食いの希望が無いとすれば、時間の使い方の見当がつかない。

長いいつしゆうかんになるのか、あっという間に過ぎるのか?

ともかく、ちょっとの間留守にします。

すべてのものよ、俺のいない虚しさに身悶えするが良い。

かつての日、生れたての我が子と父が同時に同じ県立総合病院に入院していたことがあった。

奇しくも今回、義父と県立総合病院の同じ屋根の下にいる数日となる。

見つめ、深めることが多くいただけそうな気がするのだ。

いざ、

次のドアを開けに行こうか