通信制高校見学

今日は全日制私立高校の通信制センターみたいな週25日登校できる学校に行きました。

(通信制だけど、私立高校)

勉強面に力を入れてるようで、進学先等、なかなかすごい。

入学した時の人数より、卒業の時は倍近くに人数が増えるという。

入学するのは、中学時代不登校だった子が多く、23年生になるに連れ、転入生が多くなるそうだ。

中学3年間、ほとんど行けなかった子もここでは皆勤だったりする。。単位を落とした子は居ないらしい。

なぜだと思いますか?お母さん

と、突然問われた

え?何か楽しいことがあるんですかと咄嗟に答えた私。。アホ回答

学長

安心できるからですよ。

不登校だった子ばかりだから、みんな気持ちがわかる。

友達が休んでも気にしない。今日は無理だったんだなと思うし、遅れて来たら頑張って来たんだなと思う。

安心できる場所なんです。そういう居場所が必要なんです。

九九ができないレベルの子もその子にあったフォローをしていく。少しずつ少しずつ積み重ねるんです。テストなんかもしません。比べる必要はないんだから。一人一人を大切にしたいんです。

入学の際も中学校の内申の提出は必要ありません。過去よりもここから始まる未来が大切なんです。

と。。

危うく、涙がこぼれ落ちそうでした。

ウルウルしてしまい、下を向いて我慢しました。

通信制は、優しいところが多いね。。

学校は本来どこもそうであってほしいけど。

教室を見学すると、マジメな生徒達の様子が伝わりました。

スポーツもしっかり頑張れてる子ども達。

みんな、それぞれ自分に合う場所を見つけて、頑張れてるんだなぁ。

息子もきっとどこか合う場所が見つかるよね