カタクチ師、爆誕

日にち2017年6月11日(日)

時間2:30〜9:00

潮汐大潮満潮4:56干潮11:53

場所国府津

釣法投げ釣り、弓角

釣果アナゴ、カタクチイワシ

3週間前の釣行だけど、今更投稿。

青物の気配が強い昨今。

たまには王道の釣り場にも行ってやるぜ!!

と思い立つ。

来たのはいつもの西湘海岸である。

最近ワカシが回っているという噂の。

終電で入ったのだが、既に浜には多数のアングラー。

ちょっと人気すぎない?!!

一二年前は普通にこの時間ガラガラだったよ?!

しかも多くはただの場所取りで、日の出を待っているのみ。

そんな暇そうな青物師を尻目に、一方の自分はいつもの大物投げ釣りだぜ!!

最近マイブームの三又サルカン先オモリ仕掛けを100m超遠投します。

さて、エサもいつも通りイカの塩辛なのですが、これの調達にはちょっと難儀しました。

というのも、釣り場の近辺に塩辛を売ってるコンビニがなかなか無い!

3軒回ってようやくゲットしましたよ。

国府津の人は塩辛食べんのかなあ?

仕掛けをぶっこんだ後はドラグフリーにして当たりを待ちます。

一投目空振

二投目空振か?合わせを入れてみる

おおお!!!掛かってる!!!

慎重に巻き巻き。

釣れて来たのは

アナゴでしたー。

50センチ程の良型やで。

色は茶色っぽいけど、体側の斑点が無い。

マアナゴなのか、クロアナゴなのか??

残念ながらアナゴには詳しく無い。

アナゴを釣った後は、じきに空が明るくなってくる。

最近は夏至が近く、日の出が早い。

弓角の開始のお時間です。

自作グロー弓角に金鈎(素鈎)の孫鈎仕掛け。

5色の遠投。

表層から底までゆっくりこまめに探っていくと、じきにトップのちょい下、3色付近で微妙に重い感触が。

稚サバか、流れ藻か??

えっ、カタクチですか?!!

こいつら弓角食うんですか?!!!

自分の体長の1/4はある弓角を!!!

ちょっと衝撃。

15センチ程のサイズでした。

さて、気を取り直します。

イワシが湧いてるってことは、そのちょい下を探れば青物が釣れるかもってことだね。

早巻き来ない。

遅巻き

!??

またかよ!!

またまたカタクチでした。

うーん、弓角ってそんなにイワシも釣れるものなのか笑

イワシをバラさず上げるのって結構難しいと思うけど、これまでの修行の成果なのかな。

これからはカタクチ師の称号を名乗ろう。

そして陽が高くなってくると、徐に魚影は高まります。

右二人めのジギンガーはワカシを連続ヒット!

左二人めのジギンガーもワカシをコンスタントにゲット!

右隣のジギンガーは単発だけど大サバゲット!

あ、あれ?

この私、弓角師に当たりは??

なし。

丹念に巻き取り速度、レンジ等を探りますが、当たりは一つもありません。

珍しくも今日は弓角爆死パターンなのか?

それとも、魚影にすげえムラがあるのか??!!

とにかく、ふたつ隣くらいは釣れるのに、そこから自分を頂点に全く釣れない!!

く、悔しすぎる。。。

相当粘りますが、ワカシ等は結局掛からず。

うん、いい感じの潮目だし流れ藻も多いのでワカシが寄ってくるのは納得だね。

しかし、潮が引き始めると、その流れ藻の量が尋常ではなくなります。

ちょっと表層を通しただけで、竿がへし折れそうなくらいの流れ藻が引っかかる。

でも陸に引き上げて観察してみると面白い。

藻には無数の小海老みたいなプランクトンが付いていて蠢いているし、子ガニも付いていて元気よく逃走していきます。

うん、こりゃ流れ藻が回遊魚の住処なはずだわ。

って、んなことどうでもいい!!!

流れ藻のおかげで全く釣りにならねえじゃねえか!!

ワカシは結局釣れなかったし!!

ってなことで、

久しぶりに悔しい釣行でしたとさ。

広告を非表示にする