メルマガ台湾は日本の生命線!日台提携で中国の台湾孤立化工作に反撃できる

--------

全文読めない等の場合はバックナンバーでご覧下さい

メルマガ版台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。

もしこの島が中国の不沈空母と化せば日本は。中国膨張主義に目を向けよう。

ブログ台湾は日本の生命線!

日台提携で中国の台湾孤立化工作に反撃できる

ブログ台湾は日本の生命線より。ブログでは関連写真も

2017/06/30/Fri

台湾を中国領土の一部と位置付ける一つの中国原則を国際社会に定着させ、台湾を孤立させることで中国統一台湾併呑に資するというのが中国の外交工作の最重要課題である。

そしてそうした工作の一環として、六月十二日にはパナマに台湾との断交、中国との国交樹立をさせることに成功している。

その結果、台湾と外交関係を持つ国は、あますところわずか二十カ国のみとなったのだが、しかしそれでも台湾は、なおも世界各国との実務的な関係は維持している。たとえば国交を持たない五十七カ国に、代表処大使館に相当、弁事処領事館に相当などを設置しているのだが、中国はそれら在外公館に対しても、矮小化、無力化を狙った圧力を加え続けているのである。

たとえば台パ断交の翌十四日、台湾外交部が明らかにしたところによると、ナイジェリア、アラブ首長国連邦、ヨルダン、エクアドルバーレーンの五カ国政府が中国の圧力を受け、台湾の外交公館の名称変更を求めている。改称が求められた公館名は以下の通り。

中華民国駐ナイジェリア商務代表団

中華民国駐ドバイ弁事処

中華民国駐ヨルダン商務弁事処

中華民国エクアドル商務処

台湾駐バーレーン商務代表団

これらの名称に関して一つの中国を掲げる中国が許容できないのが、二つの中国を意味する中華民国や、一つの中国一つの台湾を意味する台湾といった国名、地域名なのである。そしてこうした圧力の結果、中華民国駐ドバイ弁事処は台北駐ドバイ商務弁事処へと、そして中華民国エクアドル商務処は台北エクアドル商務処へとそれぞれ改称を余儀なくされたのだった。

また駐ナイジェリア代表団に至っては、三月末にアルジェリア政府から一週間以内に撤退しないなら安全は保証しないと通告を受け、すでに同国を離れている。

こうした流れに台湾は危機感を強めるが、一方の中国はもちろん得意満面である。駐エクアドル代表処の改称に関し、中国外交部報道官は次のようなコメントを出した。

中国政府はエクアドル政府が一つの中国原則に基づき台湾問題を処理したことに高度の肯定、称賛を表明する。この一件は、一つの中国原則が国際社会の人心の向かうところであり、大勢の赴くところであることを、改めて充分に証明した。これは決して言われる所の中国の圧力の問題ではない

世界各国は一つの中国を進んで受け入れていると豪語する中国。たしかにナイジェリアやエクアドル等には台湾が中国の一部となろうとお構いなしでいられるかも知れないが、しかし地政学的に台湾とは運命共同体であらざるを得ない日本は一つの中国など許容できないはずである。

ちなみに日本駐在の台湾の公館名はと言えば、こちらはとうに台北台北駐日経済文化代表処。一つの中国原則に基づく台北など、早く台北なりに変更するべきだ。実は二四年から八年まで駐日代表大使に相当を務めた許世楷氏は在任中、台北を台湾に改めるよう訴えていた。同氏は当時をこう振り返る。

台湾へと正名するよう日本側に求めたところ、日本は、それは台湾側の問題であるとの考えで意見なしとする態度だった。しかし当時台湾国内が朝小野大民進党少数与党。国会は親中派の野党国民党に牛耳られていただったため、これが正式に議題になることはなかった自由時報、二一六年十二月二十七日

ところが、その一方でこのような話もある。李大維外交部長は三月六日、立法院でこう述べているのだ。

駐外公館の改称には双方の同意が必要。我が国は改称を提案しているが、まだ進展がない。外交部としては台湾駐日弁事処の名称の方向で協議中だ

もっとも李大維氏のこの発言について日本の外務省筋は、台湾から正式な改称要求は来ていないと認識している。客観的に見て、日本に改称の同意を求めるだけでは難度が高い。台湾サイドが全世界の在外公館の改称を求めて初めて成功の可能性は高まるのではないかと話している自由時報、三月七日。

このような話を聞かされると、何が本当なのかがよくわからない。

台北の名では台湾を代表することはできないため台湾へ改称しようと台湾が言い出して日本がそれに応じるとか、日本がそれを求めて台湾が応じるとか、そんな感じでさっさと改称を進めればいい話だと思うのだが、なかなかそうもいかないのはやはり、日本か台湾が、あるいはその双方が一つの中国、一つの台湾との現状が強調されるのを極度の嫌う中国に気兼ねして、改称に躊躇しているからなのだろう。

運命共同体たる日本と台湾は、中国の台湾孤立化工作に手も足も出せないまま、その影響下に転落して行く運命を共有しているのだろうか。

ここはやはり日台提携が必要だ。つまり日本の支持、激励の下、台湾は在外公館の正名を成し遂げて、それを世界各国に示すモデルケースとするべきだろう。こうした一つの中国なるフィクション払拭のささやかな動き一つだけでも、中国の不条理な外交工作に対し、非常に有効な反撃にならない訳がないと思うのだが。

メルマガ版台湾は日本の生命線!

登録バックナンバー

発行永山英樹台湾研究フォーラム

運動拡大のため転載自由

ご意見等gmailcom

台湾は台湾!ChineseTaipeiではない!

2020東京五輪奧運台湾正名推進協議会に参加を!

協議会HP

--------

解除やバックナンバーは