もう一度言っておきますが

アルクノワールは、メイン事業を政府に売ることになった。

スパコンクラウドは俺個人の所有なんで、(そもそもスパコンは住居コントロール用なので)俺のだけどね。

親族企業のサポート用スパコンクラウドとして残します。

とりあえず、無線回線事業と、ファイヤーウォール、つまりウイルスバスター(的なあれ)事業について、3月までに政府に売却する方向で調整していきます。

なんでかというと、緊急的にファイヤーウォール事業を後輩の仲村達也が作ったから支援したけど、個人が会社責任負えるような事業ではないし(実際総務省に、警察に、ほぼすべてチェックしてもらっている)、無線事業のほうも、基幹インフラともいえる重要な事業なのに、なぜ民間で事業をやらせるのかまったく理解できず、利益は上がるにせよ、ほぼ総務省というか警察に任せざる得ないのに、なんで、経営をするのか理解できない状況になっていたので、事業を政府に売却することにした。けっこうたけーらしいし、売却益。

あと、クラウドによる、書類など残すための事業と、スパコンによる経営分析する、コンサルタント事業として、アルクノワールは頑張っていきます。

株主にもその方向で調整する旨伝えていきますので。

独断で悪いのですが、話の分かる株主しかいないことが前提です。

アルクノワール 総帥 鳳真基

PS

事業売却までは、警察官や、弁護士など治安関係でFW事業を、なんとかもたせておきますので。。。