触ったその後は

最近は

鍵盤に触ってから弾くようにと教わっている人が増えているようで、私的にはそれはとてもうれしいことです():

触ってから弾くと

打鍵雑音が減って音がキレイになる、その後のコントロールがしやすくなる、というメリットがありますが

触ったその後のコントロールは、先生によって違うようです。

押す、引く、打鍵の深さ、スピード、離すタイミングなどなど、ほんのわずかな違いで音色は違ってくるので、それぞれの先生がいいと感じる音が出る弾き方で指導されているのかもしれません。

先日、とある練習会に参加したのですが、いつもの感覚で弾こうとしたら音がアレ?だったので、前日のレッスンで先生から注意されたことをちょっと大げさにやってみたら、出したい音に近づいてきました。次に弾きにくいピアノに当たった時は、とりあえずこうしてみようと思います笑

触るにしても

無理やり触るよりも、ゆったり楽に触る方がいいし、楽に触るには身体の他の部分も緩んでいる必要があるし、そのためには座り方から考えななければならないし

つまり、全身が繋がっていることが大事

私もまだちゃんと触れていません。触ったつもりでも音を出す直前に無意識に指が上がったりもしてます。

でも、いつか最初から最後まで触ってから弾き続けられるのを目指して、練習続けます()

読んでいただき、ありがとうございます