ところ変われど

彼が近所の人からマナーオ(タイレモンとかタイライムと言われているもの)をもらってきた。

タイでは日本で流通しているレモンはほぼ輸入で外国人向け、タイ人はこのマナーオをよく使っている。

味はまさにレモンで、香りは少し青っぽいかも。揚げ物や炒飯にも添えられているし、タイでレモンティーをたのむとこのマナーオが入っている。

今年は豊作で価格が大暴落、マナーオを卸している家庭では大打撃らしい。

逆に不作の年は価格が高騰し、マナーオの木を持っている家庭では2万バーツくらいの副収入になるらしい。

きっと近所の人も、マナーオが採れすぎてしまって仕方ないので、みんなに配っていたのだろう。彼が言うには、古いものは食器洗いに使ってね、と言われたんだとか。

これはオレンジの皮でシンクやレンジを掃除するのと同じなんだろうな、と思った。